鋼管杭施工管理士検定試験委員会

資格試験案内

2018年度 鋼管杭施工管理士検定試験のお知らせ

 鋼管杭は工場で厳格な品質管理のもとに製造された製品であり、その強度、品質信頼性から、橋梁・港湾・建築構造物をはじめ、あらゆる構造物の基礎杭として、広く採用されてきましたが、これまで、鋼管杭工法においては、統一した施工管理資格はありませんでした。

 昨今では基礎杭の施工・品質管理の厳格化などの社会的要請が高まっており、基礎杭の施工の専門性と地中部の杭の品質確認の困難性を鑑み、鋼管杭施工の知識及び技術の普及と高度な能力を有する施工管理者の育成を図るため、2016年度に鋼管杭の施工管理資格制度を立ち上げました。
 そして、2018年度より「鋼管杭施工管理士」資格の検定試験を以下の要領で実施することにしました。

 「鋼管杭施工管理士」資格は将来の国土交通省の登録試験制度への申請を視野にいれています。多数の方々が受験されることをおすすめします。

2018年度 鋼管杭施工管理士検定試験概要


1.試験日時     2018年11月18日(日) 13:00~16:00

2.試験会場     全国4箇所

受験地 試験会場 住  所
 仙台  フォレスト仙台(宮城県教育会館)  〒981-0933仙台市青葉区柏木1-2-45
 東京  連合会館  〒101-0062東京都千代田区神田駿河台3-2-11
 大阪  大阪社会福祉指導センター  〒542-0065大阪市中央区中寺1-1-54
 福岡  福岡建設会館  〒812-0013福岡市博多区博多駅東3-14-18

3.受付期間    2018年8月1日(水)から2018年10月19日(金)、試験委員会必着

4.検定試験対象者 ①鋼管杭・鋼管矢板施工会社の「杭工事管理者」を含む技術者、技能者
          ②基礎に関わる発注者、設計者、元請技術者等

5.受験資格

学歴 実務経験年数 実 務 経 験
指定学科 指定学科以外
 大学 1年6ヶ月以上 2年6ヶ月以上 基礎工事に関わるすべての職務経験注)をいう。ただし、基礎工事には鋼管杭または鋼管矢板工事1件以上を含むものとする。
なお、基礎工事の職務経験があっても鋼管杭または鋼管矢板工事に関わる職務経験がない場合には、鋼管杭の施工管理に関する技術講習の受講(過去5年間で1回の受講)をもって鋼管杭または鋼管矢板工事の職務経験を有すると見なすものとする。
注)基礎の設計施工、施工監理等(補助者としての経験も含む)
 短期大学・高等専門学校 2年6ヶ月以上 3年6ヶ月以上
 高等学校 3年6ヶ月以上 5年6ヶ月以上
 その他 8年以上


*:指定学科とは、土木工学(農業土木、鉱山土木、森林土木、海洋土木を含む)、建築工学、機械工学、都市工学、建設工学、建設基礎工学、電気工学、地学、地質学、資源工学、衛生工学、交通工学、安全工学、環境保全工学、計測工学などの理工系学科


6.受験料    19,000円

7.申し込み方法  
受験申し込みは「鋼管杭施工管理士検定試験委員会」(以下、「試験委員会」と略す)ホームページに7月に掲載する「検定試験申込書」をダウンロードし、必要事項を記入するとともに必要書類を添付して、下記申し込み先へ郵送して下さい。
(会場の定員を超えた場合、他会場での受験をお願いすることがありますので、申し込みの際には第2希望の受験場所を記載して下さい。)
また、(一社)鋼管杭・鋼矢板技術協会、(一社)全国基礎工事業団体連合会、(一社)全国圧入協会のホームページから試験委員会ホームページにリンクして戴くこともできます。

8.申し込み先  鋼管杭施工管理士検定試験委員会
        〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-2-10 鉄鋼会館6階
        TEL:03-3527-2231
        URL:http://www.sppshiken.com